So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

iPhone4を丁寧に説明!ちょっと訛ってるけどね。

丁寧にiPhone4を説明してくれてるPV。


これは、確かに日本語です。だけど・・・

ぜひ、一度みてください。



iPhone4発表!

昨日、iPhone4が発表なりましたね。
ユーザーに「欲しいッ!!」と思わせる製品が少ない中、さすが…。

社会人デビューアメリカだった私は、「ものづくり日本」というイメージを意識することが低い方の部類かもしれないけど、「本当に日本企業がヤバイ!」という空気くらいは感じる!

帰国して日本企業で働くようになってから、両国企業の差をずっと観察して、考えてきた。

そうした時に、ひとつだけ確実に感じることがあった。
適切な言葉で表現することは難しいけど、同じような感覚を指摘していた人がいた。

先日テレビで「中田英寿 X 本田圭佑」の対談があったが、この中で中田英寿が、個人とチーム(組織)との関係性を明言していた。
個性を潰そうとする日本のチームは、練習では抜群の実力を発揮するが、試合本番ではまったく通用せず・・・。

つまり、個人リスクを問われない練習では実力を発揮できるが、試合本番ではリスクを負わないことばかりを追求する・・・ということであろう。

今の日本企業では、やたら「マネジメント」という言葉を多用して、いかにもマネジメント自体が職種かのようにいう人が多い。
そして、「人は動かすけど、リスクは動いた人にある」ようなことしがやらない。

よって、「動く人」の方もリスクが少ないことばかりに執着する。

マネジメントもチャレンジしない。
現場もチャレンジしない。

これで、「新しいモノ」「世間を魅了するモノ」を作り出せないのは当たり前。。。

日本企業がAppleに勝てるような「モノづくり」をしたいのであれば、チャレンジ精神をどう養うか?をマネジメント層と現場の両方に叩き込んだ方が早い様な気がする。

そうすれば、いかなる個性が出てきても、その個性を尊重できるようになるし、あたかも「組織が個性に食いつぶされる」という間違った勘違いをしているマネジメントも少なくなって来るんでは…。

本来、リスクマネジメントとは、「発生したリスクをどのようにマネジメントするのか?」ということであり、「リスクをゼロにする」ことではない。

iPhone然り、Playstation然り、ユーザーに「欲しいッ!!」と思わせる製品を生み出した企業のTOPには、個性豊かなリーダーが存在してきたことを見れば、一目瞭然!!

次に、世の中を「あっ」と言わせるモノを世の中に送り出してくる企業を予想するとき、マネジメントと現場の「ひと」を見れば早いのかもしれないなぁ。

そういう意味で、イケてる企業が「モノづくり」をすると、

↓↓↓↓↓



ちなみに、昨日、SBの孫さんはTwitterで、サンフランシスコの会場から早々とiPhone4の魅力を伝えてるし、このツイートに浜崎あゆみ本人が乱入!
孫さん本人にSBのプロモ参加の約束まで取り付けて…と、面白い動きを見せていますね。

プロの仕事師

今日、ググっていて偶然に引っ掛かってきた結構前の記事に懐かしい名前を発見した。

福岡ソフトバンクホークス・竹内常務、退任へ
[耳より情報]
2010年01月05日 11:27 更新

 福岡ソフトバンクホークスの常務取締役・常務執行役員COO(最高執行責任者)である竹内孝規氏が、5年間の契約満了に伴い退任する意向であることがわかった。5日午後にも記者会見を行なう。
 同氏は、福岡ダイエーホークス(当時)の代表取締役・オーナー代行であった高塚猛氏が2004年9月末に退任後、05年に福岡ソフトバンクホークスの常務取締役に就任。昨年が5年目となっていた。
 退任後は、同氏が代表取締役をつとめるTRCスポーツマネジメント(株)の経営に専念する一方、球団の非常勤顧問に就任する見通し。



竹内さんと最初のお仕事をご一緒させて頂いたのは、もう十数年も前のこと。
まだ、私自身も米国で活動していたころ。

当時、竹内さんと瀬戸山さん(現千葉ロッテマリーンズ球団社長兼球団代表)が、ダイエーのある選手に付添い、アリゾナ州フェニックス大リーグキャンプの為に渡米してきた時だった。

このキャンプ期間中、このお二人とは朝早くにホテルロビーに集合してから夜解散するまでの間、朝昼晩の三食も含めて、ほぼずっと行動を同じくしていた。

竹内さんは現地に入ってからも様々な調整業務をこなしながらも、どんなに忙殺されている中でも選手への気遣いは勿論のこと、私やその周囲のスタッフに対しても時折冗談を飛ばしながら「場」を和ましてくれる気遣いをしてくれていた。


そんな竹内さんの仕事ぶりを見ていて、当時まだ若造だった私はずいぶんと勉強させてもらった記憶がある。

シーズンオフと言えば、選手との契約更新なども含めて大変な気苦労も多い時期であったはず。

プロのアスリートとプロの経営陣との間では最も緊張感があるこの時期に、多くの課題を積極的に解決していく竹内さんのプロとしての仕事術を目の当たりにできたことは、今でも心に深く残っている。

そして、いま思えば、仕事の中ではそれに関係するすべての人が常にプロであることの重要性についても学んだような気がする。

その後、ダイエーからソフトバンクへとチームが変化していく中で、竹内さんは常務取締役・常務執行役員COOとなり、北海道日本ハムファイターズに先駆けて「地元密着型プロ野球」の基礎を作られたことは有名である。


サッカーブームに押されてプロ野球の受難時代の中にあった21世紀突入直後から、プロ野球界の新たな方向性を率先して突き進んできたホークスの陰には、竹内さんの大きな功績があったことは容易に推測ができる。

その後、竹内さんの姿を目にしたのは王監督の引退会見のテレビ中継だった。
また、最近では昨年のマリナーズ城島の古巣獲得で名前を拝見していたが、この時にもいろいろとご苦労が多かったのでは…と勝手に想像してしまう。

その功労者である竹内さんがホークスCOOを退任された球団からの公式アナウンスは、このニュースリリースのみ。


大きな仕事を成し遂げたプロフェッショナルの仕事師の退任アナウンスとしては少々もの足りなさを感じてしまう一方で、選手に対する気遣いを常に忘れない、あの竹内さんらしさを感じてしまう。

あけまして、おめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

…と、新年早々で読んでいたニュースでこんなのが…。

タレントが音楽800曲入りiPodを明石家さんまに贈呈! 著作権法違反か2010年1月2日 12時58分 (ロケットニュース24)


(ロケットニュース24)人気テレビ番組のスペシャル版『新春大売り出し!さんまのまんま』の番組内で、ゲストとして呼ばれた女性タレントが800曲の音楽が記録されているiPod nanoを明石家さんまにプレゼントするという衝撃のシーンが放送された。iPod nanoのプレゼントは問題ないが、楽曲が記録されたiPod nanoのプレゼントは著作権法違反に触れる可能性がある。しかも800曲という膨大な量の楽曲の為、巨額の罰金が発生する可能性が高い。

日本の音楽の著作権を管理している社団法人日本音楽著作権協会JASRACは、個人的な音楽の複製に関しては一部許可しているものの、iPod nanoに記録した楽曲をプレゼントするのはNGと思われる。しかも800曲という凄まじい数の楽曲であり、タレントの著作権に対する知識が欠如しているとも言える事態だ。

『新春大売り出し!さんまのまんま』を制作・放送したフジテレビのスタッフは、このプレゼントに対して何も疑問を抱かなかったのだろうか? たとえ800曲入りiPod nanoをプレゼントをしたとしても、そのシーンをカットするなどの処置ができたと思うのだが……。このプレゼントを合法的なプレゼントにする方法もあるが、それには事前にJASRACに対して800曲分の著作権料を支払う必要があり……。番組のギャラ以上の巨額が必要となることもありえる!?

「番組の中でのことだからテレビ局が払ってる包括的な契約の適用内だろ」や「フジがカスラックと年間契約してるから使いたい放題なんじゃないの?」という意見がインターネット掲示板に書かれていたが、今回のケースはフジテレビが用意した楽曲ではない上に、タレントが「個人的に個人に対して贈呈したもの」で、それらルールに当てはまるものではないと思われる。


著作権を重視しなければならないテレビ局が・・・という論調ですね。
ごもっともです・・・。


ゲストの美人モデルがお土産にnanoを渡した場面は見ましたが、もらった方からは、「わざわざダウンロードしてくれて…」みたいな発言があったかも・・・。

もし、ホントに人にプレゼントだけの為にお金払って「ダウンロード」したら、その楽曲はどうなるんだろう?
(素朴な疑問???)


800曲を音楽端末に転送する作業だけ考えたら、お金払っても誰か代わりにやってくれたらいいのに…と思っても不思議ではないし、プレゼントで入っていたら嬉しいなぁ。
(もちろん違法ではなくね)



まぁ、あの場面を見ていて一番分かったことは、お気に入りの音楽が既に入ったものをもらうと嬉しい…ということ。




しかし、この記事の後半には・・・



「フジがカスラックと年間契約してるから」…とも



っぅて、この記事書いているメディアも「JASRAC」を「カスラック」って言っちゃってるし…(笑


新年飲み過ぎちゃって、この記者の普段の本音が口を吐いた「宴席での失態」ってやつなのかな?

久々の更新だけど…

久々の更新なんですが、悲しいことを書くことに…。

このブログを始めてから

「MBStar」

というニックネームを使ってきました。
片目がきれいに透きとおったブルーの目をしている
愛犬キースの正式名である


Mighty Blue Star


をもじったもの。
そのキースくんが今日天国へ…。


シベリアン・ハスキーとしては長寿の16年という間、
すごーく楽しませてくれたし、助けられたりもしました。

アメリカカリフォルニアにあるサンノゼ郊外のアメリカ人夫婦の家に生まれたキースは、初めてうちに来たときには、片手に抱き上げて買い物にも連れて行ける程小さい子犬でした。



そして、16年…。


笑わせてくれたり、
時には困らせてくれたり、
辛い時期にはいっぱい癒してくれました。
そして、色々な思い出を残してくれました。


最近では自力で立つこともままならず、
2日前に寝たきりになってしまってからは、
この日が来ることは分かってはいましたが、

いざ、現実になると、

やはり…。


昨日の夜、もしかして…と思い、
このところリビングで寝ていたキースを
ベッドルームの自分の横で寝かせて、
一晩いっしょに過ごしました…。


そして、最期の一瞬。


息をすると膨らむお腹の動きが、徐々に小さくなるキース。



そんなキースの動きが静かに止まリ…



最期の一瞬を一緒に過ごせてあげられたことは、
いつも留守番ばかりさせていたキースへの
せめてもの償いです。


ありがとう!キース!

そして、またいつか会いましょう。

鉄入り竹刀

学生時代に出会った思い出に残っている人ベスト5に入る先生の訃報を聞いた。

心からご冥福をお祈りします。

思い出されるのは、その授業スタイル
いつも、竹刀をバラした竹の1本に鉄の心棒をビニールテープでグルグル巻きにして振り回してたなぁ。

怒られる時には、叩かれる生徒側にも選択権を与えてくれる。


①瞬間的にすご~く痛い一発
(これが半端じゃなく痛い!)

もしくは、

②後から、「ジイ~~~ん」と効いてくる一発。
(100倍カレーを喰った時に、最初の数秒は何ともない…みたいなのに似てるかも)

教室の教壇の前まで呼び出されて、一言。。。

「さぁ、どっちがいい?」…と。

妙にうれしそうな先生の顔が今でも記憶に残っている。

①の場合、指の第一関節と爪の間あたりを「ピシっ」と…。
声が出ないくらい痛かったなぁ。

しかし、この叩き具合も絶妙。
かなり痛いのに、骨折したり、あざになったりしたことは一度もない。

太もも。。。

っといっても、太もものちょっと下の方。。。
狭いスイートスポットにもかかわらず、絶対にはずさない。
細かく鋭いスイングで振り抜いて来ていた。


でも、生徒からは何故か大人気だった。
当時でも、60代も半ばくらいだったから、もう大往生だったのかな。

先輩OBで、いまやテレビでは「巨匠」なんて言われている人に話を聞きに行った時にも、真っ先にその先生の話が出てきたことを思い出す。

体罰する/しないにかかわらず、相当開きのある世代間で、「あの先生どうしてる」なんて共通の話題に上るような先生の価値というのは不変なのかも…。

なま温~い環境で、先生の個性が出しにくい今の環境だと、こういう出会いはなかなか出来ないのかもなぁ。。。

あっ、決して体罰肯定ではないんだけど…。

日本人最高位の単独4位フィニッシュ!

すばらしい!

マスターズの片山晋吾選手。
WBCに続いて、スポーツ界は元気だなぁ。



自身8度目となる「マスターズ」挑戦で、片山晋呉が最高の仕事をやってのけた。


メジャーツアーでも凄いのに、マスターズでタイガー・ウッズとミケルソンに勝つとは…。

しかも、4位といっても、上位3人はプレーオフで優勝争いした3人しかいないというのも凄い。

あっぱれ!

初恋の人からの手紙

載せちゃいましょう。。。
さんざんです。(笑

MB.Star、ひさしぶり。
もう女性専用車両に乗る夢は叶えましたか?毎日のように願望を話していたMB.Starをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にMB.Starが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう●年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたらMB.Starからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのはMB.Starのほうでしたね。何を言っても言いくるめられたし、いつも夜に電話して泣かされていたから、寂しくて5人ぐらいキープをつくっていたような記憶があります。そういえば何を勘違いしたのか「おまえにはおれがいないとダメなんだよな」なんて言っていましたね。それを伝え聞いた学校の女子全員が爆笑していたのを覚えています。

私にとっては8人目の彼氏でしたが、そういえばMB.Starにとっては初恋の相手が私でしたよね。最初のころのMB.Starはキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、最終的には妙に自信をつけていましたね。勘違いとは恐ろしいものです。

告白するときのMB.Starは、必死で「一生大事にするから」とか酔っ払ったことを言っていましたね。

全体的に言えば、私はMB.Starと付き合えてよかったと思っています。あれでもMB.Starなりに一生懸命頑張ってくれたのだろうし、自分もだいぶ寛容さが鍛えられました。どうもありがとう。

いろいろ書きましたが、私はMB.Starのことがそれでも好きでした。これからもMB.Starらしくいられるよう、あと女の子にすぐ手品を披露するのはそろそろやめて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 今もブリーフ派のままですか?気になります。



ぜひ、ここ試してみてください!





それと、考察も意外と的確だったりして…(汗

【あなたの恋愛事情を考察】
MB.Starさんは基本的に、ふられるよりはふる側になることが多いと思います。ふられる側になることがあるとしても、MB.Starさんの気持ちが分からなくなった相手が、不安のあまり自ら逃げ出すような形でしょう。

MB.Starさんは、わりと恋愛において「強者」の側にいるのだと思います。また人に頼られるのは好きでも、何事も相手に頼ったり任せたりするのはあまり好きではないのではないでしょうか。それが相手を不安にさせるのです。「私、いる意味あるのかな」と。

ここから言える、MB.Starさんにありそうな問題点を列挙します。

◆隙や弱味を見せないことで相手に不安を抱かせる。
◆初対面でオーラはあるがとっつきにくい。かわいげがない。
◆相手からするとMB.Starさんの気持ちが分からない。
◆結果として相手が不安になり、ネガティブになる。MB.Starさんはそれを重苦しく感じる。

【もっと上手な恋愛のために】
そういうタイプになったのはなぜなのか、もっとモテるためにはどうすればいいのか、もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、どう考えればいいのか。恋愛の疑問は尽きないと思います。

恋愛を深くまで知るのと知らないのでは、その後の人生の豊かさに大きな差があると思っています。なんとなく恋愛をしているだけでは、同じことを繰り返すなど、成長速度に限界があります。そして、恋愛できる時間は、実質的に限られています。経験を積み重ねているだけではあっというまに時間は過ぎるのです。

我々はいつも恋愛を研究しています。
もしよければ、一緒に恋愛を学習しませんか?
スタートが早ければ早いほど、きっとあなたの恋愛人生に大きな影響を与え、役立つと思いますから。


お~っ、結局広告ね。

爆発的人気?

iPod touch」の爆発的人気は知ってたけど、ホントに爆発するとは…。

http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20389931,00.htm?ref=rss[「iPod touch」の爆発で少年がやけど--母親がアップルを提訴

15歳の少年がズボンのポケットに入れていた「iPod touch」の16Gバイトモデルが爆発し、脚にやけどを負ったとして、少年の母親がAppleを訴えた。]


さすが・・・昭和の銀座

ひさしぶりのです。

昨日の新聞に載っていた広告。
昭和の銀座のジオラマ



こんなジオラマにできる景色って、最近の街並みにはないような…。
綺麗でかっこいいビルはいっぱいあるけど、みんな同じように見える。
つまらん。

安全性や利便性は進化してるんだろうけど、文化的には退化してるように思える。

昔の銀座の様な個性的な建物が集まって、その空間に居るだけで楽しそう。
個別最適でもなく、全体最適でもなく、個性を集めて全体の個性を創り出してる昔の銀座。。。

さすが・・・。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。